刑事事件

Criminal case
HOME > お困りの分野 > 刑事事件

このようなお悩みはありませんか?

前科をつけたくない。

少しでも早く身柄を解放されたい。

会社(学校)にばれたくない。

身内が逮捕されたが、どうしたらよいか。

早急に示談してほしい。

できるだけ刑を軽くしたい。

犯罪の被害者になってしまった。加害者を訴えたい。そのほかに、被害者として何かできることはないか?

※上記以外にもお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

当事務所の特徴

刑事事件はスピード、特に初動対応がもっとも大切です。状況は一刻ごとに変化します。悪化させて取り返しがつかなくなる前に、早期の対応を心がけます。被害者との示談交渉が必要な事案では、早期に弁護士に依頼して、被害者への対応に当たることが結果を左右します。また、当事務所では、特に被害者の支援に力を入れています。刑事告訴や損害賠償請求訴訟はもちろん、被害者参加制度を利用して裁判に出廷する際に付き添ったり、代理人として尋問を行ったり、全力でサポートいたします。

トラブルを起こしてしまった、被害者になってしまった際は、できるだけお早めにご相談ください。

刑事事件に関する費用について

案件の難易度により受任事件の業務量も変わりますので、相談時に対応内容と費用のご説明・ご相談をさせていただいています。表示はすべて消費税別です。

相談料

30分ごとに5,000円

刑事告訴・被害届受理に向けた支援

着手金 30万円~
成功報酬 (告訴が受理された場合)50万円~

刑事告訴以外の犯罪被害者支援

着手金 30万円~
成功報酬 (事案・受任内容に応じて)30万円~

※損害賠償請求事件は、一般の民事事件(損害賠償事件)としてお引き受けいたします。

捜査段階弁護

着手金 30万円~
成功報酬

(釈放された場合、略式罰金等公判請求されなかった場合)30万円~

(準抗告申立等、異議申立の場合の追加)20万円~

公判段階弁護

着手金

(捜査段階から第一審に着手した場合および第二審、第三審に着手する場合も、それぞれ別途)30万円~

保釈請求 20万円~
成功報酬

(起訴後公判〈刑事裁判〉において執行猶予を得た場合、控訴審や上告審で原判決を軽減することができた場合)30万円~

無罪 100万円~

備考

※損害賠償請求事件は、一般の民事事件(損害賠償事件)としてお引き受けいたします。